今あるものに、ありがとう。

クリエイティブに憧れるブログ

担任の先生

更新日:

ちびの幼稚園の担任の先生が3月末で退職します。

ちび:あと3日しか〇〇先生に会えないんよ~。
ちび:でもね、先生引っ越しするわけじゃないから、またすぐどこかで会えるって。

幼稚園へ転園して、6か月。始めは慣れない園生活に戸惑い、よく泣いていたそう。
すると、周りのお友達(特に女の子)が『大丈夫?』とちびの周りを囲み、心配そうに顔を覗き込む。
それをみて、また更に大泣きしていたそう。
(家では私の注意を惹くために、大袈裟に涙攻撃で訴えてくるのに、なんで?)

それからすぐ肺炎にかかり、2週間入院。完治まで、結局1カ月程度幼稚園には行けませんでした。
その間、担任の先生は小まめに連絡くださり、月謝の滞納にも柔軟に対応して頂き、まるで天使様です。

私はというと、数日間病院の床で寝るという初体験を済ませました。
小学未就学児の入院には親の付き添いが必要だそうです。
(朝・夕お見舞いに行く程度であとは看護婦さんがお世話してくれるだろう・・・・くらいの考えでした)
主人が見舞いに来ても、夕方になると用事を思い出しそそくさ帰っていったのを今でも忘れません(怒)

その後無事に退院し、幼稚園復帰!
またもや女の子達に迎えられ(囲まれ)、びびりまくるちび。

それからは、気の合う友達もでき今では楽しそうに幼稚園に行ってます。
ちびは先生が大好きで、さよならの際先生が見えなくなるまで手を振り、 先生の言うことはなんでも絶対に守ります。
(なんで?)

若くて綺麗でとても子供思いの先生です。春からは新しい事にチャレンジするそうです。
ちびが言うには小学校の先生になるって。本当かどうか分かりませんが、新しい環境でも頑張って欲しいですね。

半年間、ちびの担任でいてくれてありがとうございました!
今後の活躍楽しみにしております。

ーちびままよりー

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-未分類

Copyright© クリエイティブに憧れるブログ , 2019 All Rights Reserved.